無料ブログはココログ

« イノベーションか戦争か | トップページ | 変化の加速を考える »

2015年3月27日 (金)

イノベーション促進に3Mを無くせ

◆世の中、無理、無駄、斑(3M)だらけ

○ 社会は、無理なことだらけ

介護の無理
高齢者が高齢者を介護する
子供が親の介護で仕事を辞める
もっと過酷な例は高齢になった親が若年の子供を介護しているという

女性が輝く社会の無理
要は女性も男と同じに働けということ。
女性の仕事が重くなり、結婚育児がままならず
女性が35過ぎになってからはじめて子供を産みたいと思っても、不妊治療が必要になることが多い。そのため多額の医療費がかかってくる。
保育所不足で待機児童になり、親も仕事ができなくなる
女性は結局、家事も要求される無理

これらはいずれも無理なことである。今日、この無理が社会をゆがめている。

○ 無駄なこと

今の社会で、無駄なことも沢山ある。
例えば、まだ、働く意欲があり働けるのに60歳を過ぎたら、定年退職になり、仕事がなくなること。

障害があるからといって、就労できないこと。障害者が一生施設で過ごすことになると2億円の公費がかかると言う。障害者でもそれぞれの特徴を生かしてできる仕事は沢山あるはず。もし、障害者の雇用があれば2億円の公費負担もなくなり、その上、障害者の労働価値が生み出される。

掘ったり埋めたりの道路工事
今日は水道工事、埋め戻してからガス工事、その後電気工事ですと、掘り返してばかり。

コンビニもスーパーも、賞味期限で捨てられる商品の山

○ 斑なこと

今の社会で、斑なこと
例えば、雇用のミスマッチ。
事務職希望者が押しかけているのに、求人があるのはサービス産業ばかり。

農業を希望する若者がいるのに耕作地が得られず、一方で農村では、高齢化が進み田畑が荒れていくばかり。

一番資金が必要な若者に資金がなく、もう資金需要が乏しい高齢者に資産が偏っている。

東京に一極集中、田舎は過疎化が進むばかり

○ このような無理無駄斑をなくせば、それが大きなイノベーションに繋がるはずだ

« イノベーションか戦争か | トップページ | 変化の加速を考える »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。