無料ブログはココログ

« どうする日本!まるで絵に描いたような家電メーカーの敗北 | トップページ | 21世紀は世界の日本化を目指すという大志が欲しい »

2013年5月27日 (月)

もう一度シュムペーターの原点から考え直したい

◆家電メーカーの大赤字決算に考える

家電各社の決算はあまりに酷い。

その各社は押し並べて、低価格の汎用品では、もう韓国、中国といった新興国に太刀打ちできない。だから、差別化された高機能の製品で、ハイエンドのマーケットをねらうということのようである。新興国の追い上げに対しては、ハイエンドのマーケットに活路を見いだす他ないという考え方である。

しかし、この考え方は、1990年以来の失われた20年の間、ずっと聞かされてきたものだ。各社はこれまでも、ずっとハイエンドのマーケットをねらってきたはずだ。それなのに、今日の苦境を招いてしまった。

ここで、シュムペーターが書いた『資本主義社会主義民主主義』第2章の資本主義は生き延びうるかの項の次の文が気にかかってならない。

「資本主義の業績は、典型的には、エリザベス女王たちのためにいっそう多くの絹靴下を用意することではなく、必量労働量をつねに減ずる代償として絹靴下を女工たちの手の届くところにもたらすことにあるのである。」

参照 シュムペーター著『資本主義・社会主義・民主主義(上)』中山伊知郎/東畑精一訳 東洋経済新報社(1962年4月)p124

日本の家電メーカーは、真逆ではないか。本当に残された道は、ハイエンドのマーケットしかないのだろうか。

無抵抗にローエンドのマーケットを新興国企業に明け渡すというやり方は考え直す必要があると思う。まず、途上国の真のニーズをとらえることが重要である。これまで、我々は、途上国というと、安い労働力と、潜在的なマーケットばかりに注目してきた。途上国の「頭脳」と「知力」を軽視し、これらに注意を払うことが少なすぎたように思う。そのしっぺ返しが、新興国企業の逆襲であった。

上から目線で、途上国、新興国を考えるこれまでのやり方は一変させるべきだ。これからは、途上国、新興国諸国の頭脳と知力を取り込み活用するという考え方に転換することが必要である。

◆この21世紀は途上国の「頭脳」と「知力」の取り込みが重要だ

この21世紀は、途上国の「頭脳」と「知力」をいかに取り込めるかにかかっている。それによって、真の途上国のニーズを把握することも可能になろう。

米国の経済学者クリステンセンは、かってその著書の中で、優良企業は、ハイエンドのマーケットに固執し、新興企業のローエンド破壊を許すことで、やがて敗退するというパターンをイノベーションのジレンマと呼んだ。日本の家電メーカーは、結局、このイノベーションのジレンマに陥っているのである。

参照 クレイトン・クリステンセン著 伊豆原弓訳 翔泳社(2001年7月)p205

日本の家電メーカーは、新興国企業のローエンド破壊に無抵抗なままでなく、ローエンドのマーケット向きの技術革新と製品開発への意欲を取り戻すことが必要だと考える。その第一歩は、途上国の頭脳と知力を取り込むことだ。

◆原点回帰だ

資本主義の原点としてのイノベーションの理念を、もう一度シュムペーターに学び、その原点から考えたい。

貧困で買えない人も買えるようにする
使えない人が使えるようにする
働けない人が働けるようにする

この発想で日本は変わらなければならない。

« どうする日本!まるで絵に描いたような家電メーカーの敗北 | トップページ | 21世紀は世界の日本化を目指すという大志が欲しい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1107508/51795215

この記事へのトラックバック一覧です: もう一度シュムペーターの原点から考え直したい:

« どうする日本!まるで絵に描いたような家電メーカーの敗北 | トップページ | 21世紀は世界の日本化を目指すという大志が欲しい »