無料ブログはココログ

« なぜ皆を怒らせるのか民主党政権/どうする日本(その十) | トップページ | 成長を止め右肩下がりの転落期に入ったのか/どうする日本(その十二) »

2012年10月23日 (火)

目標喪失の日本は何を目指したらいいのか/どうする日本(その十一)

◆経済の低迷はもう常態化した日本

戦後の一枚看板だった経済が、バブルに踊った後低迷を続け、失われた20年というほどに長期停滞している。これは不況というのを超えて、もう日本の常態になってしまったというべきだろう。

「経済とは何ですか」あるシンクタンクの新米アシスタントがチーフに素朴な質問をした。チーフは、面倒くさそうに言った。

「経済とはアメリカのことだよ」

なんとも端的な答えである。
たしかに、日本の経済は、アメリカと共にあった。戦後、朝鮮動乱、冷戦という国際環境が味方し、安保条約に守られて、日本は敗戦国の悲哀を味わうことなく、経済オンリーで邁進することができた。そして、世界第二の経済大国の地位を得た。その経済は、日本がアメリカの意のままに行動した結果であった。まさに経済はアメリカであった。

◆一変した国際環境

ところが冷戦が終わり、グローバル化が進む時代になって、国際環境は一変した。中国やアジア諸国の台頭は目覚ましく、日本はアジアナンバーワンの経済大国の地位を中国に譲った。七年連続して世界一位を誇った国際競争力も、現在27位にまで低落している。
この現状は、もう「経済はアメリカだ」と言えない時代になったことを意味している。

国家としての目標を持たず、アメリカに付いて行ったら経済というご褒美を貰える、そんなお目出度い時代は二度とこないであろう。

さあ、どうする日本。

◆気前よく技術を供与してきた日本

技術供与の理由は、「彼らは」、結局、日本に頼ってくる他ない。だから日本は尊敬され続ける。技術供与は、日本の安全保障だよ。

ところが、アジア諸国は、中国、シンガポール、韓国、・・・など自立化を進めて、日本に対する依存度を低下させるまでになった。その結果が、昨今の、領土問題と関係悪化の遠因といえる。「もう日本に頼らなくていい」という声が聞こえる。

日本は、技術供与や経済援助は、戦争被害に対する賠償という意味も兼ねていると思ってきた。しかし、先方は、なにか「誤魔化された」という感じを持っていたのだ。

◆「魚の捕り方を教えよ」という格言があるが?

魚の捕り方を教えた人と、魚を恵んだ人では、どちらが感謝されるのかという命題がある。日本は、魚の捕り方を教えればさぞ感謝されると思っていた。ところが、この体たらくはどうしたことだろう。

ごく最近まで、日本は、魚の捕り方を教える式の政策を続けてきたようである。その理由は、日本はより高度な技術を開発すればいいのだからというのであった。

しかし、高度な技開発がままならないのは現況をみれば明らかである。

アジア諸国の日本を見る目がかわってきたいま、日本は国家目標を明確化し、改めて国家戦略を再考する必要があろう。

« なぜ皆を怒らせるのか民主党政権/どうする日本(その十) | トップページ | 成長を止め右肩下がりの転落期に入ったのか/どうする日本(その十二) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。