無料ブログはココログ

« 福島原発事故と「和魂」/どうする日本(その七) | トップページ | あらゆる面で弱みを見せる日本/どうする日本(その九) »

2012年8月31日 (金)

尖閣・竹島問題は日本の考え方を正す好機だ/どうする日本(その八)

◆日本の曖昧な領土管理はなぜなのか

国家感を喪失した日本外交の当然の結末が、竹島問題であり、尖閣諸島問題である。日本の領土であるのに、相手を刺激するからと、近付くこともしない。遠くから及び腰で、日本の領土だと主張するだけである。尖閣諸島では、中国を刺激するからと日本国民が上陸することさえ許さない。尖閣諸島近海は豊な漁場なのに、漁民も近寄れない。自国の領土であるのに腫れものに触るごとき対応は、国際的に理解されないものである。
さて、この日本独特な対応は、境界に常にあいまいさを残すという和魂からきているように考えられる。
日本的な考え方に中心限定方式(中心型概念規定)というのがある。意味の中心だけを決めて、周辺を曖昧にするというものである。

◆境界を決める二つの方式

言葉の意味や領域を定義するのに二つのやり方がある。一つは周辺限定方式で、その広がりや、意味の限界を「ここまで」と定めて、その中が領域だと定義(主張)するものである。自分の領土はここまでだとする決め方であって、境界がはっきりしていて分かりやすい。
もう一つのやり方は、中心限定方式で、境界ではなく中心を示してその周辺に曖昧な領域を残したままその言葉の意味や領域と定義する方式である。この方式の問題は境界線が分からず、曖昧な領域が広がることである。
ここは自分の領土だぞと主張しているのだが、その周辺限界は、自分が睨みをきかせている範囲だという風であって曖昧である。
この曖昧な領域は、睨みをきかせるパワーの強弱で変化することがある。強大なパワーがあれば、睨みをきかせる領域は広がり自分の領土として支配する領域は広がる。ところが、パワーが弱体化すれば、睨みがきかなくなり、他者に浸食される可能性が出てくる。

日本が、尖閣諸島の領有権を周辺限定主張的に、実行支配する方策をとっていなかったから、こんな曖昧な領土・領海紛争を生んでいるのだということができる。それは、見方によっては、日本の国力が低下して、睨みを利かせる範囲が狭くなってきたことを表している。今後、さらに日本の国力低下が進めば、尖閣諸島は中国が睨みをきかせる領域になりかねない。

◆参考になる特許制度の周辺限定主義と中心限定主義

ここで、参考になるのが、特許制度の周辺限定主義と中心限定主義である。
日本の特許の考え方は、従来は中心限定主義で周辺が曖昧になっていた。そのアイディアのポイント(中心)だけを明記して権利化し、そのおよぶ範囲をはっきりさせないのである。周辺の曖昧な領域は問題が起こる都度、解釈をしていくという方法である。
これに反して欧米ではアイディアの範囲、すなわち境界を明確にしてそのアイディアの領域を明示していた(周辺限定方式)。
日本と欧米の間では、この特許の考え方の違いのため、さまざまなトラブルが起こった。
今日、知的所有権の国際化が進展したことに応じて、日本も、西欧的に特許制度を変えて来ている。それによりトラブルを少なくしようとしている。

◆変革を迫られる日本の領土の曖昧管理の考え方

この周縁からと中心からの二つの概念規定の方法は、そのまま、西洋的なものの見方と日本的ものの見方を象徴している。
日本の睨みをきかすだけという領土の管理は、曖昧な中心限定的な考え方があらわれているように考えられる。
しかし、今回の、竹島問題、尖閣諸島問題で、その睨みをきかせるだけという曖昧管理の考え方は、変革を迫られるだろう。
もう一つ考えなければならないことがある。それは、日本の睨みがきかなくなったのはなぜなのかを深く考えることであろう。

« 福島原発事故と「和魂」/どうする日本(その七) | トップページ | あらゆる面で弱みを見せる日本/どうする日本(その九) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。