無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月27日 (金)

どうする日本(その七)罪×恥の文化 2×2=4

◆時代とともに変化する和魂

異文化コミュニケーションの時代を迎え、日本人とは何か、日本とは何かを、改めて問いかけることが必要になっている。それは、明治以降の日本の近代化で唱えられてきた和魂洋才という考え方を再構築することにも繋がる。

ところで、我々は、通常は、「和魂」とは何かを自覚的に認知してはいない。それが認知されるのは、我々が、海外生活をする際に異文化に触れる時などである。それが今日、グローバリゼーションの進展で国内でも日常的に異文化に触れる機会が多くなり、和魂を意識する機会が生まれている。
その和魂は、決して不変のものではなく、時代とともに変化するものであるという。
「和魂はそのように時代に応じて内容の変化するものであり、外国起源の価値であること意識させないほど我物として同化された精神内容は、すべて和魂のうちにおさめられているのである。」
参照 ・平川祐弘『和魂洋才の系譜上』平凡社2006年9月11日p57

過去における和魂の変化は、三つの大文明との遭遇の時であった。ところが今日、グローバリズムの進展の中で、急激に様々な文明に遭遇するという、過去に例がない事態になっている。過去の三つの大文明との遭遇では、インド文明(仏教渡来)、漢文明(儒教など)、西洋文明(科学的思考と科学技術)を、日本化して取り入れるという柔軟さを示した。それは、外来文化の日本化であると称された(ドラッカー名言集)。
この「外来文化の日本化」という言葉の意味は、外来文化を取り入れつつもその独自性を保ってきたということである。
例えば、
中国文明に対しては、和魂漢才という対処で、日本文明はその独自性を出した。和魂漢才は、平安時代中期に成立した概念で、支配階層であった貴族層が学問の基礎を漢渡来の知識に置いたことを漢才と称し、実生活における精神性である知識や判断や処世までを含めた行動様式を指して「和魂」と称した。
西洋文明との遭遇では、和魂洋才という国是のもと、独自の精神性を保ちながら近代化を進めてきた。これが日本は西洋を日本化したと言われる所以である。

◆グローバリズムの急激な進行で危惧される混乱

では、今日のグローバリゼーションでそれが可能なのであろうか?
あまりに急激で多様な変化は、果して従来の日本化のプロセスのいとまを与えないのではないだろうか。それは、和魂の変化にも混乱を与えるように考えられる。その混乱から生れる可能性は四つある。

ここで和魂×洋魂の考え方を元に、思索してみよう。
ルース・ベネディクトの『菊と刀』の中で、女史は欧米の文化は「罪の文化」であるのに、日本人の文化は「恥の文化」であると規定した。

キリスト教文明の欧米では、行動の規範には宗教の戒律があり、神の戒律に反すると強い罪の意識を持つ。彼らの心には常に神がいるのである。それをベネディクトは「罪の文化」と呼んだ。
一方、多神教の日本では、神や仏というより怖いのは、他人の目であり、他人の口である。他人に笑われたくない、恥をかきたくない、これが日本人の行動を規定しているという。
この恥の文化と罪の文化という捉え方は、単純化に過ぎるという意見もあるが、ここではその当否には触れない。

さて、この罪の文化と恥の文化を掛け合わせると

罪なし恥あり文化
罪あり恥あり文化
罪あり恥なし文化 
罪なし恥なし文化
の2×2の四つとなる。それらが急激なグローバリゼーションの中で日本人の行動の混乱を予感させる。
もう一つ、和魂洋才の変化形として、次の四つがあろう。
和魂洋才
和魂和才
洋魂洋才
洋魂和才

以下、次号では、「和魂」の内容を、福島原発事故を例にとり、具体的に考えていきたい。

2012年7月13日 (金)

どうする日本(その六)和魂グローバリゼーション

◆グローバリズムの中で重要になる和魂

今日、グローバリゼーションの中で、「和魂」を改めて論じるのは、時代に応じて変化する和魂が、どうなるのかを知りたいからである。それは、異文化コミュニケーション時代の創造的破壊=イノベーションの源泉として、和魂がますます重要になると考えられるからである。

TPPやFTAなど、異文化間交易の自由化に関しては悲観主義的な意見がよく見られるが、これに対して米経済学者のタイラー・コーエンは、イノベーションと世界市民主義的な見方を示し、肯定的な見解を示している。

「異文化間交易は、それぞれの社会を改変し崩壊させるが、結局はイノベーションを支え、人間の創造力を持続させることになる」
「市場による創造的破壊は、様々なジャンル、様式、メディアにおいて、大量のイノベーションを引き起こし、革新的かつ質の高い創造を行うのである。」
参照 タイラー・コーエン著『創造的破壊』作品社2011年5月31日 p.32~33

この異文化コミュニケーション時代に重要になるのが地域の文化である。外来の異文化と地域の文化の遭遇・衝突が、人々の創造力を刺激し、イノベーションをひき起こすからである。日本においては、明治以来、「和魂洋才」といわれてきたように、日本の精神性である「和魂」が意識されてきた。

◆時代とともに変化する和魂

この和魂は、時代とともに変化するものである。ところが、和魂が時代とともにその内容が変化してきているということを自覚している人は少ない。和魂というと昔からの日本の精神性の真髄であり、普遍のものであるというイメージを持つ人が多い。その理由として次の二点があげられる。

①精神内容を自覚し難い
人々は、自分や自分の国の精神内容を常に自覚的に把握しているわけではない。だから、日本人の 「和魂」 の内容が変化していても中々そのことに気がつかないのだ。

②外来文化の日本化
よく日本文化の特徴は外来文化の日本化であるといわれる。すなわち、日本に入ってきた外来文化は、ほどなく外国起源の価値であることを自覚させないほどに我物として同化されてしまう。ある意味で、この柔軟な同化力こそが和魂の大きな特徴とも言えよう。

日本の比較文学者平川祐弘は、その著で以下のように述べている。
「明治日本の平均的知識人が「和魂洋才」といった時の「和魂」と、漢文化を取入れた後の和魂と、「和魂漢才」 といった時の 「和魂」 の内容は、シナ文化の影響を受ける以前の日本人の精神である、ということはできるだろう。しかし幕末以降に「和魂洋才」といった時の「和魂」 の内容は、儒教道徳などを摂取して変化した後の日本人の精神をさしている。 
「和魂」はそのように時代に応じて内容の変化するものであり、外国起源の価値であることを意識させないほど我物として同化された精神内容は、すべて和魂のうちにおさめられているのである」
参照 平川祐弘著『和魂洋才の系譜』平凡社(2006年9月11日)p.56-57

明治日本の人々は、西洋の衝撃を受けた際に、異質の文明との対比によって自己(和魂)を認識した。そして、将来に向かっての問いかけや、方向づけを行った。そして、「和魂洋才」という国是のもと、見事に近代化を果したのだ。

◆日本とは何か、日本人とは何かを改めて問いかけよう

それと同様に、今日のグローバリズムの衝撃の中で、縦横に思考を巡らし、「和魂」すなわち日本とは何か、日本人とは何か、を改めて問いかけていかなければならない。

和魂洋才という国是で、和魂という根から洋才という花を咲かしたのが日本。ところが以前から、和魂ではいかん、洋才と言う花は、洋魂あってのものである。切り花のような日本の洋才の花は、いつまでも咲き続けることはできない。だから日本を洋魂化しなければならないという主張がある。この洋魂化論が、グローバリゼーションの中で高まってきているように思える。

しかし、洋魂は、キリスト教に根ざしたものであり、日本人が皆キリスト教に改宗しない限り達成できない。
キリスト教は、罪の文化である。
容赦のない弱肉強食の新自由主義のもとでは、罪の意識が高まる。米国の富豪が何兆円もの寄付をしたのは、善意だけではなく、ビジネス行為で犯した罪を償うという意味も強いと考えられる。容赦なく競争相手をたたきつぶし、日常的な従業員の解雇などが罪の意識を生み出す。だから、教会で懺悔し、多額の寄付行為で罪を償おうとするのであろう。
「罪の文化」のアメリカは、罪の意識による自制で、社会がなんとか収まっているのだろう。
一方、罪の文化がない日本では、アメリカ流ではうまくいかない。日本文化を称して「恥の文化」であるという。アメリカの文化人類学者にルース・ベネディクトの言葉である。

◆結論は、「罪の文化」×「恥の文化」→2×2=4

以下次号に続く

2012年7月 3日 (火)

どうする日本(その五)グローバリズムの進展で重要になる和の文化

◆異文化コミュニケーションの時代

グローバリズムの進展で、異文化との交流はますます激しくなる。そのなかで、日本人は、もっと国際感覚を磨かなければならない、英語力を高めなければならないということが言われている。確かに、これからの時代は。異文化コミュニケーションが重要になる。では、国際感覚を磨き、英語力を高め、コミュニケーション能力を持てば、これからの日本はうまくやっていけるのだろうか。
ここで、最も大切なことが忘れられているのではないだろうか。
それは、和の文化である。我々日本人は、もうすっかり西洋化され、生活様式にしても、物の考え方にしても、西洋のそれを取り入れており、和というと、社会の片隅に保存されている脇役だと思っている。
和魂が意識されたのは、明治維新以来、太平洋戦争頃までのことであり、戦後は、急速に西洋化され、和魂の出る幕はなくなってきたはずである。
特に、昨今は、グローバリズムの進展で、欧米の社会システムとその考え方が、日本の隅々にまで浸透しており、もう和魂洋才というより、洋魂洋才に限りなく近づいているというのが現状ではないだろうか。

しかし、だからといって、日本人が西洋人になれるわけではない。欧米人には、日本人と日本社会は特異なものに見えるようである。日本人が、和魂を意識することがなくなっても、西洋人には、依然として異端の民族性が感じられるようである。この西洋人が感ずる日本の異端性に、日本人の個性があるのであろう。それは明治維新以来、和魂という言葉で表現されてきた精神性の一端なのだろう。
しかし、今日の我々は、改めて、和魂が何かと問われると、それを言葉で表すのは難しい。和魂がどんなものかは、むしろ外国人の反応から教えられることが多い。

◆アメリカでヒットした日本人歌手の「なぜ」

アメリカでヒットした日本人歌手といえば、スキヤキソングの坂本九と、夜明けのスキャットの由紀さおりである。彼らの歌には、日本人ならではの個性が強く表れているのであろう。
他にも多くの日本人歌手が、アメリカに挑戦しているが、目だった成果は得られず撤退している。
坂本九と由紀さおりは、国際感覚にすぐれ、英語力が堪能だったのであろうか。
否である。
両者とも、歌詞は日本語であり、日本人ならではの個性を強く打ち出している。まさに和魂洋才の成功であるといえるであろう。

これと同じことで、これからの日本が、イノベーション立国するためには、その個性「和魂」から生れる日本人ならではの発想が求められる。

グローバリズムの時代だからこそ、逆に、日本文化を見直し、和の感性を磨くことが大切なのである。だからといって、偏狭な日本文化論に陥ってはならない。日本人としての個性を伸ばしていくことが必要なのだ。たらざる処は、外国のよいところを取り入れることである。

◆ドラッカーの言葉を掲げよう

「今日の世界が求めているのは、単に西洋を模倣しただけのまがい物の日本の美ではなく、日本的に転化した日本の美である」
参照 『すでに起こった未来―変化を読む眼』 P.F. ドラッカー著 上田 惇生、 林 正訳 (1994)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »