無料ブログはココログ

« どうする日本(その三)日本の成功原理はもう通用しないのか? | トップページ | どうする日本(その五)グローバリズムの進展で重要になる和の文化 »

2012年6月24日 (日)

どうする日本(その四)成功原理を再構築しよう

◆このまま西洋化路線を進めることが本当に日本の復活につながるのか?

ドラッカーは「日本が行なったのは西洋の日本化だった」と言う。だから成功した。これが他の非西洋の国々がなし得なかった日本独自の近代化路線だった。

参照 P・F・ドラッカー (著)上田惇生訳『歴史の哲学―そこから未来を見る (ドラッカー名言集)』、ダイヤモンド社 (2003/10/3) p.1~2

この路線を端的にあらわす言葉は「和魂洋才」である。それは、明治維新以来、今日に至るまでの我が国の基本であり、成功原理であった。精神性は伝統を保持し、技術や制度などは西欧のそれを模倣するということである。
これに対して、常に反対意見があった。「西洋化は、こうした折衷策ではうまくいかない」「西洋文明は、西洋の精神性という根っ子から生える幹、枝、葉などの総体であり、根っ子を除いて、枝葉だけを取り入れたのではうまくいくはずがない」というものであった。
このことについて、江崎玲於奈は、以下のように述べている。
「19世紀後半、西欧の高度な機械文明に接した日本は'その強大な力に感銘し、西欧技術のノウハウを速やかに導入して日本の工業化を計りました。しかし、何と言っても西欧文明は日本人にとって異端の文化です。そこで日本の伝統文化との衝突をやわらげるために、和魂洋才(JaPanesesPiritand Western learning)
という方式を推奨し、日本人のアイデンティティーを守ろうとしたのです。こうして西欧文明は日本に入ってはきましたが、決して融合することなく、日本人のあらゆる生活の側面で和風と洋風の二つの文化が共存することになったのです。しかし、この共存からくるカオスが、メトロポリス東京の多様性を生んだことも事実です」

参照 江崎玲於奈著『創造力の育て方・鍛え方』講談社(1997年2月7日)p.190 

◆和風と洋風二つの文化の遭遇が創造力の源

この日本人のあらゆる生活の側面で和風と洋風の二つの文化が共存すること、そして、そこからくるカオスが日本人の創造力を生み出してきたということを忘れてはならない。
これが日本の成功原理であったのだ。
日本の明治維新以来の成功、とりわけ、1960年~1980年にイノベーションが輩出し、世界第二の経済大国にのし上がったのは、和魂洋才という成功原理のクライマックスであった。
イノベーションの源泉は、「異との遭遇」にあることが知られている。当時、その異の遭遇が、日本国内いたるところにあった。日本人のあらゆる生活の側面で和風と洋風の二つの文化が共存することが、類まれな創造環境をつくりあげていたのである。

その後、1990年~今日まで、日本は長い停滞に喘いでいる。そこで、イノベーションを起こすためには、日本人の精神まで西洋化しなければならないという「洋魂洋才」論も説かれ始めた。

しかし、ここで考えなければならないのは、日本の精神文化の西洋化を進めるほど、国内に和と洋の共存からうまれるカオスが少なくなることである。それは、日本独自の創造力の源泉を失うことを意味する。

今日必要なのは、「洋魂洋才」ではなく、「和魂洋才」の再構築なのではないのか。失われつつある和の文化、習慣、風習などを見直し、「21世紀の和の文化」を確立するべきだと思う。

これからのグローバリズムの進展とともに、外来文化の流入がますます激しくなるだろう。その外来文化と、新しい和の文化との遭遇、そこから生れるカオスこそ、次世代イノベーションの源泉となるはずである。

« どうする日本(その三)日本の成功原理はもう通用しないのか? | トップページ | どうする日本(その五)グローバリズムの進展で重要になる和の文化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。