無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月27日 (金)

福島原発の放射能汚染に救世主

◆雨は放射能汚染での恐怖の対象
福島原発の放射能漏れで恐れられているのが雨である。
雨は上空に漂う放射性物質を取り込み、放射性雨となり地上に降下する。そのため雨が降った後は地上の放射線量が増加するのだという。事実、過去の雨後には、放射線量が一時的に増加したことがあった。

しかし、ここに雨と放射能の関係で全く違った事例がある。それは長崎原爆後の雨である。秋月辰一郎著『長崎原爆記 被爆医師の証言』(平和文庫)(単行本 - 2010/12)に、8月9日の原爆投下後の二度の大雨のことが記載されている。秋月辰一郎は、長崎原爆で被爆しながら、一人留まり救護所で大勢の被曝患者の手当を続けた医師である。
その著書の中で、原爆後の二度の雨を「救いの雨」と呼んでいる。

◆なぜ救いの雨だったか
その雨は、大変な豪雨であったという。
一度目の雨は、九月二日から三日にかけて降り続いた。この二日間の雨量は長崎地方には稀有なものだった。測候所では雨量三百ミリ以上を記録し、長崎地方一帯を水びたしにし、被災者を追い打ちした。

二度目の雨は、歴史的な大型台風「枕崎台風」の来襲であった。長崎地方は、猛烈な暴風雨に見舞われた。この台風は、九州南端・枕崎に上陸し、九州を南から北に縦断し、山口県と広島県の境を駆け抜けて日本海に去った。

秋月医師は、「天主の試練もひどすぎる。もういい加減にしてくれ」心の中で叫んだという。

しかし、台風通過後に、秋月医師は次のように述べている。

「不思議なものである。私は他の被爆者たちと台風一過、秋風の中に立った。秋の陽に衣服を乾燥させながら、なにか気持ちがすがすがしかった。これはさきの九月二日の豪雨の後に経験したと同じものであった。いやそれ以上のさわやかさだった。」

当時ガイガ-測定器など持たない秋月医師であったから、地上の放射能を測定して、台風前後の放射能を比較することはできなかった。しかし、この台風を境にして、急に病院付近の死亡者数が減少したという。
秋月医師は、「私をはじめ職員の悪心や咽吐、血便も回復した。頭髪も抜けなくなった。」と述べている。

後に秋月医師は述べている。「この枕崎台風こそ神風であった。次つぎと肉親を奪い去る二次放射性物質、死の灰から被爆地の人びとを救ったのである。」「被爆後四十日(枕崎台風来襲)にして被害はくいとめられた観があった。」

この台風の豪雨で、恐るべき灰が流れ去り、あるいは地中深く沈んだのである。

当初、原爆の跡には、七十年間草木は生えない。まして人間は絶対に住めないという噂が流れたという。これは、原爆実験が行われた米国のネバダ州やアリゾナ州のような砂漠・荒野を想定したものと言われる。雨を考えなければ放射性セシウムやストロンチウムなど(半減期が30年)は、70年以上高い放射線を出し続けることになる。

しかし、梅雨・台風などの大雨が降る日本では大自然の除染が行われるのだ。長崎原爆では、四十日後に来襲した枕崎台風こそ神風(除染台風)であったといえよう。記録的豪雨が一気に降り積もった放射性物質を、一気に海に押し流してしまったのだ。

この台風後にぞくぞくと訪れた学術研究陣は、「地上の放射能は、西山に少量残っている」と報告している。大部分の放射能は流れ去ったのである。

◆原爆後の雨に三つの意味
原爆後の雨には、三つが考えられる。
第一の雨は、原爆の猛烈な上昇気流で積乱雲が沸き上がり、周囲に降らせる雨である。これは「黒い雨」とも呼ばれ、死の灰を含む放射能がきわめて高い。広島や長崎の放射能被害を増大させ、人々に恐れられた。
第二の雨は、原爆後にしとしと降り続く雨である。この雨は、地上に積もった死の灰を洗い集め、低地、下水、河川、などには放射性物質が集積する。
第三の雨は、台風がもたらすような豪雨である。地上に積もった死の灰を一気に海にまで押し流す。

長崎原爆後の枕崎台風は、この第三の雨であり、死の灰を押し流し放射能を低下させたのである。それは被爆地に大雨被害も起こしたが、一方でそれは恐るべき放射能を流す、恵みの雨であり、除染の豪雨であったといえる。

◆梅雨と台風シーズン入り
いま、台風2号が日本を伺っている。その進路によっては、放射能汚染列島に大雨を降らせる可能性がある。二次放射能を洗い流す恵みの雨となることを期待したい。ただし、台風自体の被害を減ずるべく、その対策が求められる。

梅雨入り、台風シーズン入りで、今後も日本列島は、大雨に見舞われることが多くなる。来るベき梅雨と台風の大雨が、被災地に降り積もった放射能を洗い流す「除染の雨」となり、放射能汚染列島の救世主となるはずだ。

◆自然の除染と放射能についての正しい知識
私達は、原発事故の放射能の恐怖に、怯え、身を縮めて生きている。日本の未来に対する悲観論も生まれている。しかし、いま私達に必要なのは、放射能についての正しい知識であろう。
その中で、放射能についても「大自然の除染」があることを心にとどめたい。その大自然の力があったからこそ、過去の人類の暴挙である「数百回に及ぶ核実験」の膨大な放射能も除染され、こうして人類が生息し続けていられるのだ。

各自は、放射能についての正しい知識を持ち、「なすべきこと」、「やりたい事」を、積極的になすことだ。それが未曽有の大震災と原発事故を乗り越える唯一の方法だと思う。

◆福島原発事故で改めて注目される秋月医師の記録
長崎原爆で自ら被災しながら、被爆地に留まり続け医師としての使命を果たした秋月辰一郎の生き方に学びたい。彼は、90歳近くまで長生きし、永年に渡り被爆者の証言の収集を行った。

●秋月辰一郎(あきづき・たついちろう) 1916年~2005年。長崎市万才町生まれ。当時の浦上第一病院医長。53年に聖フランシスコ病院医長、86年顧問。爆心地から1.8kmで被爆、医師として被爆者の治療に当る一方、永年に渡り被爆者の証言の収集を行った。吉川英治文学賞、ローマ法王庁の聖シルベステル勲章、他。著書に長崎原爆記、死の同心円 他がある。

参照
1.『ヒューマン・イノベーション』
http://btrabo01.cocolog-nifty.com/blog/

2.NBC長崎放送 『被爆者の証言11』
1968年11月26日~30日に放送
http://www2.nbc-nagasaki.co.jp/peace/voices/no11.php

3.秋月 辰一郎 著 長崎原爆記―被爆医師の証言 (平和文庫)

長崎原爆記―被爆医師の証言 (平和文庫) 長崎原爆記―被爆医師の証言 (平和文庫)

著者:秋月 辰一郎
販売元:日本ブックエース
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011年5月20日 (金)

菅内閣に山積する難問のブレークスルーを期待

◆浜岡原発停止はブレークスルーの決断

菅総理の浜岡原発停止要請で、原発は停止した。福島原発の惨状を目の当たりにして、企業も菅政権の判断を批判しにくい状況にある。原発不信が高まるなか、国民の多くも菅政権の判断を評価している。

こうした中で日本経団連の米倉弘昌会長は9日、会見で痛烈に批判した。

「電力不足の中、今後30年間で87%の確率で東海地震が起きるとの確率論だけで停止要請したのは唐突感が否めない」と述べ、政府の対応を痛烈に批判した。

さらに、こんなことを語った。「民主党の時代になって、わからないのは、結論だけポロッと出てくると。そして、思考の過程がまったくもう、ブラックボックスになっている。政治の態度を私は疑いたい」(抜粋)http://www.asahi.com/business/update/0509/TKY201105090598.html

◆菅総理の決断はブレークスルー思考の賜物か

「思考の過程がまったくもう、ブラックボックス」との批判は、ブレークスルー思考の結果に対して、現状維持あるいは改善派がよく浴びせる言葉だ。

 我々は、PDCA(plan-do-check-act cycle)という思考過程にあまりに慣らされてきた。それは、Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の4段階階を繰り返すことによって、状況を継続的に改善することである。これまでの日本の発展は、このPDCAという改善型思考の習熟によってなされてきた。

だからブレークスルー思考に出会うと、戸惑ってしまうのだ。

PDCAはだれでも理解しやすい。しかし、現在の日本は、このPDCAだけではやっていけなくなっていることは明らかだ。

Plan(計画)ができるのは、現状とその延長線上でしかない。だからPDCAから生まれるのは、現状の改善でしかないのだ。

いまの日本は、現状の改善とその延長線上にその未来はないのではないか。もしそれがあるのなら、失われた20年なんてなかったはずだ。PDCAの改善型思考は限界に達したといえよう。

今日、前例、常識、通念、既存のプロセスなどを破るブレークスルー思考が必要になっているのだ。

もし、今回の浜岡原発を、PDCAで順序立て考えたなら、せいぜい定期点検中だった3号機を再稼働させるかどうかのプロセス云々にしかならなかったはずだ。稼働中だった4号機五号機に思考が及ぶはずはなかった。

もし、そんな状況で時間をかけていたら、東海沖地震に対してあまりにリスクが大きすぎた。

菅総理の今回の決断を評価したい。

しかし、日本には、もう手直しでは間に合わなくなっている問題が沢山ある。経済・教育・少子高齢化・格差など社会経済の問題、行政・司法・外交など解決困難な問題山積状態だ。これらの問題はいずれも待ったなしである。個々に対処していたのでは、ブレークスルー思考とて間に合いそうにない。

◆難問山積が意味するのはパラダイム問題だ
これだけ解決困難な問題が積み上がってきたのは、現代のパラダイムが通用しなくなったことの現われといえる。難関を切り開くとして推進されてきた新自由主義も、多くの弊害を生み破綻を見せている。

かのトーマス・クーンが提唱したパダイム・シフトが希求される。

社会全体の価値観を一変するような「パラダイム・シフト」がなければ、乗り越えられない時期がきたのだ。

科学革命の構造 Book 科学革命の構造

著者:トーマス・クーン
販売元:みすず書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

パラダイムとは何か  クーンの科学史革命  (講談社学術文庫 1879) Book パラダイムとは何か クーンの科学史革命 (講談社学術文庫 1879)

著者:野家 啓一
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011年5月13日 (金)

原発事故の放射能汚染を生き抜く力

◆何がどう違うか放射能汚染の不安

放射能は何が怖いのか? と問うと、「姿が見えない」「空気、水、食物など全てを汚染する」「微量でも長い年月かけて人体をむしばむ」などという答えが返ってくる。

しかし、同様に微量でも人体に有害な物質がある。環境ホルモンと呼ばれる環境を汚染する化学物質である。環境ホルモンは、極微量でも生体内に取り込まれた場合、その生体内の正常なホルモン作用に影響を与える。現在約70種類の化学物質が、環境ホルモン(内分泌撹乱物質)の疑いをもたれ、報告されているという。
代表的なものにダイオキシンがあり、廃棄物の焼却によって環境中へ放出され、大気、水、大地に拡散している。
その人体へのリスクは新聞雑誌テレビ書籍などのメディアに取り上げられ,健康被害への不安が広がっている。

さて、こうした環境ホルモンの恐怖と、放射能の恐怖では、何がどう違うのだろうか。実は、微量の放射能汚染のリスクは、環境ホルモンのリスクと大きな違いはないように思われるのだ。

しかし、今回の原発事故の放射能・放射線パニックは、環境ホルモンの時と明らかに異質である。それは何故なのだろうか?

そこで、以下に放射能汚染の恐怖を生みだすモデルを示してみよう。

図1は、今回の原発放射能漏れで、微弱レベルの放射線を長期に受けた時についてである。問題は、それが人体に、影響するのか、心配ないのか、専門家でも意見が分かれていることである。専門家の中には、全く心配ないと言い切る人がいる一方、長期的にガンのリスクが高くなると指摘する人もいる。

図2は、微弱な放射線についての当局の発表の仕方である。理解困難な数値の後で、常套句のように「直ちに健康に影響しない」がついている。その意味が我々にはピントこない。
「今は大丈夫だが、将来は健康に影響する」なのか、或いは「いまは健康に影響ないが、将来はどうなるか分からない」のどちらかなのであろうか。

Image4

それを調べようと専門書を見ても杓子定規の説明しかない。そこで、放射能漏れの事例に答えを探そうとすると、結局チェルノブイリになる。過去にNHKスペシャルが二度に渡ってチェルノブイリ原発事故の特集を放映している。ところがその番組内での放射線についての評価が、調査機関によって、極端に違っているのである。

10年の節目のNHKスペシャル(1996年放映)
『チェルノブイリ原発事故・終わりなき人体汚染』
番組では、悲惨な状況を伝える一方、IAEA報告について、住民の健康被害については、「将来、癌または遺伝的影響による増加があったとしても、それは自然の増加と見分けることが困難であろう」ことを紹介していた。

20年の節目のNHKスペシャル(2006年放映)
番組の中で、IAEA報告では「事故で放出された放射線を浴びたことによる死者は全部で60人足らず。健康被害の多くを、被曝の影響とは言えない」として退けたとしている。

一方両番組の中では、、
「子どもたちの甲状腺ガン」
「大人たちの脳・記憶障害」
「白血病の増加」
「それらに端を発する自殺者の増加」
「汚染土壌にて栽培された農作物を長年食し、縮まる寿命」「事故処理員たちの脳・精神障害(放射性物質の脳内蓄積)」
など危機的現実を報告しているのである。

一体、この両極端をどう理解したらようのだろうか。我々はとまどうばかりである。

こうした違いがある理由をあえて考えると、次の1~3のようになるのではないか。

1.IAEAは事故を過小評価しようとしている。
2.チェルノブイリの現地報告が過大評価なのである。
3.個別的健康被害は、高レベルの放射線障害以外分からない。長期に低線量の放射線を浴び続けた健康被害は、自然の増加と見分けることが困難なのである。

◆最大の問題は理由3にある
10年以上数十年後に発病した個々の患者について、それが放射能によるものだと断定 することは困難であるという。つまり放射線を浴びなくても発病したかも知れないというのImage5_6  だ。病巣には、これが放射線の長期被曝の影響だとする痕跡はないのだという。
そこで、多くの研究では、集団を捉えて、その集団が他の集団より有意的に、発病者が多いかどうかで判定しようとしている。ところが、その集団の取りかた(条件付け)が困難なのだという。そのため、今日になっても説得力のある結果が得られていないという。

当局発表での「直ちに健康に影響しない」は、こうした背景から出てきた言葉のようである。放射線を受けて1年以内に発病したならいざ知らず、長期低レベルの放射線を受け続けた場合については、確認しようがないというのが現状のようである。

◆10年後の未来にどうなるか分からない不安
例え原発事故がこのまま収束したとしても我々には不安が残る。つまり、チェルノブイリのように、10年、20年と経過していったら、我々の身体はどうなるのかということである。

◆放射能のことを知らなかった不安
原発安全神話の中で我々は放射能について教えられることなく、その知識を持ち合わせてこなかった。
原発反対派は「絶対の安全」を求め、国と電力会社は「五重の安全装置がある、絶対安全だ」と主張してきた。そのなかで国と電力会社は情報を隠蔽したり、リスクに対する備えを怠ってきた。つまり、原発に事故はありえないとしてきたから、万一の事故に対する備えがなく、当然、国民は、事故の起きる可能性も、事故の際の放射能の知識も持ち合わせてこなかった。

こうした中で、すべてのバックアップがきかないという事態が起きた。これは、安全管理上は当然に想定しておかなければならない事態であった。ところが、その体制ができておらず、対処不能となったのだ。

放射能汚染を想定してこなかった国も、電力会社も、国民も、右往左往するばかりである。いま放射能に対する不安は恐怖に変わった。

◆対策と知識の有無が放射能と環境ホルモンの違いだ
環境ホルモンなどの環境汚染については、国の政策、マスコミ報道、書籍などで国民は十分知らされてきた。
ところが、放射能汚染については、想定されてこなかったし、国民はその知識を持ち合わせてこなかった。そこに突然の、放射能汚染である。にわか発表、にわか報道、これを受ける国民は、にわか勉強である。

◆まとめ
第一の放射線の不安恐怖の要因
原発絶対安全神話の中で、放射能汚染の想定がなされておらず、国民は放射線について知識を持ち合わせていなかったことである。国民は放射能の「にわか発表」、「にわか報道」にとまどい、それが不安恐怖に変わった。

第二の放射線の不安恐怖の要因
微弱(低線量)放射線を長期に受けた場合の身体への影響について、信頼すべき情報がない。微弱な放射線を浴び続ける我々が、10年後の未来にどうなるか分からない。不安はつのるばかりである。

第三の放射線の不安恐怖の要因
情報隠ぺいの不安である。原発事故の真実が発表されていないのではないか、実態はもっと深刻なのではないかという疑念が常につきまとう。

◆情報公開だけでは意味がない
政府とマスコミは継続して放射能・放射線の知識を国民に啓蒙し続けることである。それは地道な努力であるが、それ以外に方法はないといえよう。

我々はこれから長く放射能・放射線とつきあわねばならない。その知識を学びとり、放射能に過敏過ぎず、鈍感過ぎずに生きていける力をつけることが肝要であろう。

2011年5月 6日 (金)

放射能漏れ風評被害の意味を問う

◆原発放射能汚染の意味を「周縁」から見る

物事の本質を解き明かそうとするブレークスルー思考には、「象徴的出来事」を発見し、そこから答えに迫ろうとする方法がある。
もう一つのブレークスルー思考の方法に、問題の「周縁」から新しい意味を発見しようとする方法がある。

この象徴と周縁の二つの思考法から、原発放射能汚染の新しい意味を見出そうとするのが今回のブログである。

◆Kさんちの食卓から周縁思考

Kさんは、勤務先からの帰宅時、果物屋の店頭でイチゴが格安で売られているのを見付けた。イチゴは子供が大好きである。そこでKさんは時々イチゴをお土産に買う習慣があった。今回のイチゴは、大粒で色付きも良い一級品で、いつものお土産イチゴより明らかに高級であった。ところがその価格は、格安の1パック198円だったという。そこで、Kさんは早速2パック買って子供が喜ぶ顔を想像しながら自宅に戻った。

イチゴを見た奥さんの顔色が変わった。
「あなた、これ、とちおとめでしょう」
「栃木産じゃないの」

Kさん
「イチゴは放射能の基準値以下で出荷制限がなかったはずだが」
「ほら、こんな一級品だぞ、それが半値以下だったんだ」

それでも奥さんの顔は渋い。
「子供には食べさせられないわね」

こんな会話の後、気まずい雰囲気の中で、まずKさんがイチゴを食べてみせたという。
「こんなに新鮮で甘いのに」

それを見て奥さんもイチゴをつまみ出した。

一級品のとちおとめだけあって、とびきり甘くて美味しい。食べながら、Kさんは悲しくなったという。

◆風評被害は生産者だけじゃない、消費者も被害者だ

Kさんちは、原発放射能漏れから遠く離れたところに住むサラリーマンであり、消費者である。ブレークスルー思考の「周縁」である。この周縁の出来事を通して、放射能漏れと風評被害の意味を考えてみたい。

Kさんが悲しくなったのは、さぞかし喜ぶと思って買ってきたのに、奥さんが渋々食べていること、そして、イチゴを子供に食べさせられないとなったことだろう。

このときKさんちを支配していたのは、「ストレス」だ。
飛びきり美味しく値段も安かったとちおとめなのに、「何かがついている」。そのついているものが「風評」である。

風評が消費者にストレスを与えるのは、その商品が「自分の目に良く見えている、しかもそれは安全だと言われている」、しかし、何か安心できない。つまり、安全と安心の乖離があるということである。だから買おうか買うまいか迷う。
いざそれを買って食べる時も、ただ美味しかったで済まない「何かひっかかる」。そのひっかかる何かが「風評」というものだ。ひっかかり、つまり風評がストレスを生むのである。

「安全」は左脳の論理的判断、「安心」は右脳のイメージ判断だとも言われる。左脳で分かっていても、右脳の情緒に負けてしまい、風評を生む。

だから、福島原発からより遠い産地の商品があれば、そっちの方を選ぼうとしたりする。栃木より遠い福岡の「あまおう」ということになってしまう。

◆「あまおう」の輸出にも風評被害

 ところで、その、「あまおう」はどうかといえば、海外で大人気だったのだが、原発事故以来、風評被害を受けているという。特に、香港、中国、韓国では、事実上輸入停止状態になっている。福岡は輸入禁止対象外なのだが、中国はこうした輸入禁止対象外の道府県の農水産物などにも日本政府による放射性物質の安全検査の合格証明書や原産地証明書の添付を義務付けた。ところが、日本にはこうした証明書を発行する正式な機関がないため、通関ができず、実質上の輸入禁止になってしまっているという。

◆風評被害をなくす方法は?

風評被害は、いくら「安全です」といってもそれだけで解消するものではないとある調理人が言っていた。
「実際に食べてもらって、安全安心なことを確かめてもらわなければならない」と。

しかし、これには、前述のKさんちで述べたようにストレスが伴う。現地の人達はそのストレスを嫌って、購入を控えたり、他の地域の商品を選んでいるのだ。
どうしたら、そうした人々に、再び日本の食品や農産物を食べてもらえるようになるのだろうか。いくらデーターで安全を強調し理解を求めたところで、それは左脳の理解に留まり、右脳の安心にはつながらない。結局、絶え間なく、現地の消費者の右能に訴えるイメージキャンペーンを続ける以外ないのではないだろうか。

「風評」で信用を失うのは一瞬、その克服には長い期間の努力が必要なのだ。

◆とちおとめ風評被害モデル (画像クリックで拡大) 

Image1_2

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »