無料ブログはココログ

« 東日本大震災は防災の革新的転換を求めている | トップページ | 放射能漏れ風評被害の意味を問う »

2011年4月29日 (金)

大震災の復興を国家百年の礎としよう

◆日本のシステムを震災前より効率化する再構築を目指したい

東北関東大震災の被害額は、15~25兆円と巨額に上ると内閣が試算した(2011年3月23日)。これはすでに阪神・淡路大震災時の約10兆円の被害額を大きく上回る。
しかし、これは、損壊した道路や港湾、電気やガス、水道などの社会インフラと住宅、企業の工場設備などの建物、農地などの被害額についてである。福島第一原発事故による経済活動の損失、電力不足の生産と消費への影響、内外の風評被害などは織り込んでいない。今後、全容が明らかになるにつれて、さらに大幅に被害額が増えることが予想されている。

すでに各方面で今後の復興をどうするか、いろいろな考え方が示されている。ただあまりに膨大な被害である。当面は復旧が中心になろうが、単に元通りに復旧するというだけでは、意味がないといえよう。

◆アウト・オプ・ボックス

ブレークスルー思考の一つに、「アウト・オプ・ボックス」という考え方がある。問題が生じてしまった現在の閉じたシステムから飛び出して考えようということである。東日本大震災のボックスは、被災地のシステムである。この被災地のシステムに焦点をあててその復興を考えていたのでは、所詮復旧と五十歩百歩の違いしか出てこない。そこに新たな価値は期待できない。

そこで、被災地の東北の復興というボックスを飛び出して、全国を再構築するという、大きなスケールの復興計画が必要と考えられる。
例えば、東北の被災地の再構築を、一極集中の首都圏の再構築と、一体化して進めるということも考えられる。その中には、首都機能の一部を東北地方に移転することで、地域経済を活性化することも考えられよう。

また、全国レベルで生産・流通システムの再構築をはかり、新たな東北地方の位置づけを行うことも考えられる。

この大震災を国家百年の計の礎とすることで、震災前より、より効率的な日本のシステムを構築することにつなげたいものだ。それが大きな犠牲に報いることだと思う。

こうしたことを、次の三つの視点を綜合して考えたい。

◆三つの視点

東北地方にホーカス
日本の中の東北地方にホーカス
世界の中の日本にホーカス

日本の中の東北地方にホーカスした解決策が最善であるとはいえない。それが世界の中の日本にとってどうか。つまり、世界と競争しなければならない日本の将来にとってどうかを問わなければならない。世界は同情してくれていても、競争に手心をくわえてはくれない。世界は、競争相手としての日本の復活に期待してくれているのだ。

« 東日本大震災は防災の革新的転換を求めている | トップページ | 放射能漏れ風評被害の意味を問う »

経済・政治・国際」カテゴリの記事