無料ブログはココログ

« これからの日本の生きる道 | トップページ | 遺伝子科学でみる日米の思考力  »

2009年7月23日 (木)

「技術立国」日本の未来が危うい

●「技術立国」を自認してきた日本だが・・・・・

 1990年代、科学技術基本法のもと。科学技術創造立国を目指してきた日本。現在でも そのスタンスは変っていないはずだ。しかし実態は理工系ばなれがはなはだしい。統計によれば、1995年からの10年間で工学部を目指す学生数は半減。さらに今後、少子化が進めば事態はもっと深刻になってくる。すでに、技術者不足が叫ばれていながら、なり手がいなくなるというのは大問題だ。

◆誇りや夢を持てなくなった理工系
 理工系離れは種々分析されているが、要は、我が国の現状では、理工系のキャリアに誇りや夢を持てなくなっていることだろう。
 ここで、いま子供達の人気ナンバーワンのプロ野球の世界と比較してみよう。プロ野球の世界では日本の一流選手は、米メジャーリーグでも大活躍している。つまり日本でプロ野球選手としてキャリアを伸ばせば、米メジャーリーグで活躍できるという夢を持てるのだ。
 それに比べて、理工系ではキャリアを伸ばす道が国内では限られているのが実態だ。
 一方、独立してベンチャーを設立する道も、その活動を支援する体制が十分とは言えない。開業に対する廃業率のなんと高いことか。

 つまり、技術者は、日本でレベルアップできない環境があるのだ。
 そこで、イノベーティブな能力を伸ばすために、技術者は、海外を目指す。最近、日本人のノーベル賞受賞者が増えているが、その多くは、海外での研究や共同研究があっての受賞というのが実情だ。

 野球のように日本でレベルアップして海外で活躍できる、そんな環境が理工系にも欲しい。

« これからの日本の生きる道 | トップページ | 遺伝子科学でみる日米の思考力  »

経済・政治・国際」カテゴリの記事